利休鼠(りきゅうねずみ)

今日も、カルチャーどうもんの講座の日でした。
先週に引き続き、しつこいようですが、「城ヶ島の雨」の話題。😅☔️
歌詞に出てくる、「利休鼠の雨」とは?との質問をいただきました。
ん?ねずみ?🐭
なぜ、雨とねずみ?🐭☔️🐭😨

「利休鼠」とは色の名前です。

「利休色」という、千利休と縁の深い抹茶の黒ずんだ緑色から出た言葉で、「緑色を帯びた灰色」。
「利休鼠」は、利休色の鼠色がかった色をいうそうです。
つまり「利久鼠の雨」とは、暗い緑に灰色が混ざったような雨のことらしいです。

作詞の北原白秋が、当時、社会的にも経済的にもどん底にあった心境を表した「陰鬱な雨」という感じでしょうか。

社会的にも経済的にもどん底…。😰
気持ち、わかる気がします。(?)😅

ちまみに、古代の日本語の色を示す言葉は、「赤」「青」「黒」「白」しかなかったらしい。それぞれの色を別な漢字で表すと、「赤」=明(メイ、あかるいこと)、「青」=漠(バク、はっきりしないさま)、「白」=顕(ケン、あきらかであること)、「黒」=暗(アン、くらい、くろっぽい)
とのことで、灰色は、白と黒の中間色でもありますが、「青」の部類にも入るらしいです。
緑色を帯びた黒っぽい灰色の暗くて、はっきりしない色の感じ。
浮かぶ画像としては、水墨画の中の雨の様子、
私の中ではそんなイメージでしょうか?
苦難と悲嘆に満ちた白秋の心情が、そんな画像を通して表現されているのかもしれません。

6月もまだ残り半分。
雨の日もあることでしょう。
次に雨が降った日は、この「利休鼠の雨」を想像してみようかと思います。
☔️☔️☔️☔️☔️

山口県山口市の音楽教室 ボーカルレッスン | ローズ芸術アカデミー

ローズ芸術アカデミーは山口県山口市の音楽教室 ボーカルレッスンです。子供向けから大人のボーカルレッスンまで、さまざまなレッスンをご用意しております。宝塚を目指されるような本格的なレッスンも行っております。山口県山口市で音楽教室 ボーカルレッスンをご検討されている方は、ローズ芸術アカデミーへお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000